こんにちは、鈴木です。
これまで四回に渡って、伊藤先生のかつてのハードな浄化期を支えた石たちをご紹介してきました。とうとう今回が最後となりますが、その最後を飾るのは、エピドットです。

エピドットは、ギリシャ語で「増殖」を表すepidosisが、名前の由来と言われています。「ピスタチオ色の石」という意味で、ピスタサイトと呼ばれることもあります。

深い緑色が、優しい印象。そして、どこか懐かしい感じもします。じんわりとした独特のエネルギーに魅せられて、私もさっそく購入しました。
IMG_0128-1-1.jpg

伊藤先生は、このエピドットを「恐怖を、癒しに導いてくれる石」と、仰っています。

先生にエピドットを、リーディングしていただきました。

かつて人間が、共存や平和、愛や統合とは程遠かった時代。欲しいものは人を殺してでも奪えというような、私利私欲に基づいた残忍さ、凶暴さがまかり通った時代。

そんな時代に植え付けられた恐怖。

略奪、同じ種族同士の殺し合い、戦争、人種差別など、物欲や名声欲の犠牲になることで負った深い傷。常に命が危険にさらされているような感覚。

古い、古い時代から、そんな原始的な欲求は現代まで持ち越されており、その中で受けたダメージに、エピドットのエネルギーは、癒しをもたらしてくれる。

私利私欲を満たすための欲求から、愛を貫くことへの欲求にシフトさせるために、人間の残忍性、非道さといったものによって生じた対人恐怖を、昇華の方向に促してくれる。


そんなエピドットは、虐待を受けて育った人や、深刻な感情問題を抱える人、今生の記憶では思い当たらない原因不明の恐怖感を癒すために、優しく、でもしっかりと、サポートしてくれます。眺めているだけでも、とても安らぐ石です。

そして、このエピドットも、先生を支えた他の石たちと同様に、今回たくさん入荷したのですが、瞬く間に売れていってしまいました。手頃なお値段のものは、あと一つになっています・・・。

№138 【エピドット】
IMG_0146-1.jpg
3×3.5×1.5cm
¥3,800

№139 【エピドット】
IMG_0122.jpg
5×9.5×2.5cm
¥24,400

№140 【エピドット】
IMG_0124.jpg
8.5×10×3cm
¥37,000

サイズが大きめのタイプは、どうしてもお値段が少々高くなりますが、エネルギーの深みはすばらしいです。

気になる方は、お早目にお問合せください。
それでは、次回をお楽しみに


気になるクリスタルがあった場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。
クリスタルは、個人セッションやイベントでリラにお越しの際に、直接手にとってご覧頂けます。
また、「クリスタルだけを見たい」という方も、大歓迎です。
遠方にお住まいの方、リラにお越しになれない方も、ご購入が可能です。まずは、お電話かメールにてご連絡ください。

◆リラ・アカデミー◆
TEL・FAX:03-5460-8820 
e-mail:info@ly-ra-academy.com
公式サイトはこちら

こんにちは、鈴木です。
今回は、ジンカイトをご紹介いたします。
この石は、伊藤先生が「第二チャクラの深い領域に、これほど到達するエネルギーをもつ石は非常に少ない。もし、私が第二チャクラに問題を抱えていたら、絶対に持ちたい石」と、仰ったクリスタルです。

昨年の冬に、先生のリーディングと一緒にご紹介して以来、リラでは大人気のクリスタルです。入荷と同時に、どんどん売れていってしまうため、なかなかブログでご紹介できませんでした。

今回、手頃な価格のジンカイトを、いくつも仕入れることができたので、さっそくブログでご紹介しようと思ったのですが、準備をしている間に、瞬く間に売れていってしまいました(涙)。そのため、現在ご紹介できるのは、高額な、大きめサイズのものだけなのです。

もちろん、最上級に美しく、エネルギーも素晴らしいのですが、なかなか手の出しづらいお値段です・・。
角度によって、さまざまな表情を楽しむことができますので、ぜひ、実物もご覧頂きたいです。

№137 【ジンカイト】
IMG_0074.jpg

IMG_0102.jpg
10×5×3cm
¥51,000


IMG_0070-1.jpg

ジンカイトの炎のような美しい色合いは、前回ご紹介したヴァナディナイトと似ているように見えますが、近くでみると全く異なることが分かります。含有される成分の割合によって、黄色や橙、赤まで、さまざまな色が見られ、ダイヤモンドに匹敵する屈折率を持つことから、この独特の輝きはダイヤモンド光沢と呼ばれます。

ジンカイトは酸化亜鉛でできた鉱物で、その名は、主成分の亜鉛の意味をもつ「ジンク」という言葉に由来します。亜鉛鉱山が爆発した時などに生まれたり、亜鉛工場の煙突に、自然に出来ているものが発見されたりする、ちょっと変わったクリスタルです。そのため、とても入手が困難なのです。

前々回の記事でもご紹介しましたが、ジンカイトとヴァナディナイトのエネルギーの違いを述べられた、伊藤先生のリーディングをこちらに抜粋します。

ジンカイトとヴァナディナイトのエネルギーは、どちらも第二チャクラの浄化を促すが、ジンカイトの方が、過去生から持ち越したような、より重く根深い感情問題を浮上させ、昇華に促す。具体的には、女性特有の性差別に関わる問題や、ドロドロした妬みや恨みを伴うような女性性にまつわる複雑な感情問題なども、解消に導いてくれる。


ジンカイトは、今生の記憶を辿っても思い当たらないような女性性に関わるカルマパターンを抱える人、複雑な家庭環境に育った人や、深刻な感情問題を抱える人、特に女性性にまつわる問題の解決に向けて、力強くサポートしてくれます。

これからも、ジンカイトには常にセンサーを張って、入手に努めていきます。入荷したらすぐにみなさんにお知らせいたしますが、「どうしても欲しい!」という方は、ご予約も承りますので、お問い合わせください。

それでは、次回もお楽しみに


気になるクリスタルがあった場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。
クリスタルは、個人セッションやイベントでリラにお越しの際に、直接手にとってご覧頂けます。
また、「クリスタルだけを見たい」という方も、大歓迎です。
遠方にお住まいの方、リラにお越しになれない方も、ご購入が可能です。まずは、お電話かメールにてご連絡ください。

◆リラ・アカデミー◆
TEL・FAX:03-5460-8820 
e-mail:info@ly-ra-academy.com
公式サイトはこちら

こんにちは、鈴木です。
前回に続いて、今回も伊藤先生の浄化期を支えた石、ヴァナディナイトをご紹介いたします。

ヴァナディナイトの主成分は、バナジウム。そのバナジウムの名前は、北欧神話の女神ヴァナディスに由来しています。

女神ヴァナディスは、美、愛、豊穣、戦い、そして魔法や死を守護する北欧神話の女神で、女性の美徳と悪徳を全て内包した、とても自由奔放な美しい女神なのだそうです。

ヴァナディナイトは、燃える炎のような色合いでキラキラと輝いて、見るからに、そんなヴァナディスを彷彿とさせる、とても魅力的な石です。
IMG_0017.jpg
色合いは、ジンカイトとよく似ていますが、近くで見ると六角の板状の結晶が特徴的で、形状が大きく異なります。ヴァナディナイトは、とても壊れやすいため、取扱いには注意が必要です。

前回の記事から、伊藤先生のリーディング結果を抜粋します。

ヴァナディナイトは、性差別など女性性に関わる問題に働きかけるが、どちらかといえば過去生よりも、今生への働きかけが強い。また、男女を問わず子供の頃からの感情の抑圧を、解放できるよう促してくれる。

ヴァナディナイトのエネルギーは、第二チャクラの浄化を促してくれます。幼少期のつらい記憶が、思い出せない人の記憶を掘り起こすことや、「女の子なんだから」「男の子なんだから」などと押し付けられて育った人が、本来の自分らしさを取り戻せるようサポートしてくれます。

先日、このヴァナディナイトを購入された九州にお住まいのFさんは、届いたばかりの包みを開いて、この石をご覧になったとたんに、声をあげて泣いてしまったそうです。
Fさんのセンサーの鋭さと、ヴァナディナイトのエネルギーが相まって、Fさんの感情に覆いかぶさった蓋を、いとも簡単に開けてくれたのだと思います。

№134 【ヴァナディナイト】
IMG_0024-1.jpg
2×4×2cm 【 完売しました 】 似たタイプの在庫がございます。

¥6,300

№135 【ヴァナディナイト】
IMG_0030.jpg
2.3×3×1.5cm 【 完売しました 】 似たタイプの在庫がございます。

¥3,800

№136 【ヴァナディナイト】
IMG_0052-1.jpg
2.5×2.3×2cm
¥3,800

CIMG3983.jpg
¥3,800~88,000

同じヴァナディナイトでも、結晶の色や形に、とても個性があります。是非、実物をご覧ください。

それでは、次回もお楽しみに

気になるクリスタルがあった場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。
クリスタルは、個人セッションやイベントでリラにお越しの際に、直接手にとってご覧頂けます。
また、「クリスタルだけを見たい」という方も、大歓迎です。
遠方にお住まいの方、リラにお越しになれない方も、ご購入が可能です。まずは、お電話かメールにてご連絡ください。

◆リラ・アカデミー◆
TEL・FAX:03-5460-8820 
e-mail:info@ly-ra-academy.com
公式サイトはこちら
こんにちは、鈴木です。
今、リラは入荷したてのクリスタルで溢れています。キラキラ輝くクリスタルが増え、私は毎日幸せです。

クリスタルが新しく入荷すると、一同に並べ、先生とみどりさんと三人そろって、眺めたり、手に取ったりして語り合うのが、密かな楽しみとなっています。
CIMG3242-1.jpg



どれもこれも、伊藤先生が選び抜いた逸品ぞろいですが、その中でも、ひときわ目立つオレンジ色の石・・・。
CIMG3242-2.jpg
左手前の箱に入っているのがジンカイトです。そして、右側のトレーの上に並べられているのがヴァナディナイトです。一見、区別がつきにくい石です。


ジンカイトは、以前もご紹介したことがありました。以下は、その時の記事からの抜粋です。

子宮の深部や、第二チャクラの深い領域に、これほど到達するエネルギーを持つ石は非常に少ない。
第二チャクラの色である、オレンジの石の代表といえば、オレンジカルサイト。しかし、ジンカイトのエネルギーは、オレンジカルサイトでは、到底届かないほど深い領域にまで浸透する


また、先生は「もし、私が第二チャクラに問題を抱えていたら、絶対に持ちたい石」とも仰っていました。


この先生のリーディングが反響を呼び、ジンカイトは瞬く間に売れてしまったのですが、今回、偶然の出会いにより再入荷となりました。

ジンカイトもヴァナディナイトも、鮮やかなオレンジ色が、どちらも第二チャクラの浄化に、いかにも効きそうです。私には、とてもよく似ているように思えたこの二つの石。エネルギーの違いについて、先生に質問しました。

CIMG3223.jpg
鈴木「先生、ジンカイトとヴァナディナイト、この二つの石のエネルギーの違いを、教えて下さい!!」
先生「質問する前に、自分でリーディングしてみたらどう?」

そうでした。自ら挑戦することを、うっかり忘れておりました・・・。

呼吸を整えて、さっそくリーディングに、チャレンジです。ジンカイトのエネルギーの方が、ドスンと重みがあります。ヴァナディナイトにチューニングを合わせると、わくわくするような感覚が訪れました。どちらも第二チャクラにエネルギーが、流れ込んでくるのは分かるのですが、でも、なんだか言葉として、まとまりません。

「子宮の内壁が、温まる感じで、細胞が、えーっと、うーんと、」と、訳の分からないことを口走る私に・・・、
CIMG3222.jpg
先生は思わず、「こんなんでいいの??」と、突っ込み。

CIMG3225.jpg
「こういうリーディングに、正解も不正解もないんだけどね、」と仰りながら、不肖の弟子に代わって、リーディング結果を聞かせて下さいました。

ジンカイトとヴァナディナイトのエネルギーは、どちらも第二チャクラの浄化を促すが、ジンカイトの方が、過去生から持ち越したような、より重く根深い感情問題を浮上させ、昇華に促す。具体的には、女性特有の性差別に関わる問題や、ドロドロした妬みや恨みを伴うような女性性にまつわる複雑な感情問題なども、解消に導いてくれる。

ヴァナディナイトも、性差別など女性性に関わる問題に働きかけるが、どちらかといえば過去生よりも、今生への働きかけが強い。また、男女を問わず子供の頃からの感情の抑圧を、解放できるよう促してくれる


この二種類のエネルギーの違い、先生のお話しからご理解いただけたと思います。

ジンカイトは、今生の記憶を辿っても思い当たらないような女性性に関わるカルマパターンを抱える人、複雑な家庭環境に育った人や、深刻な感情問題を抱える人、特に女性性にまつわる問題の解決に向けて、力強くサポートしてくれます。

一方で、ヴァナディナイトは、幼少期のつらい記憶が、思い出せない人の記憶を掘り起こすことや、「女の子なんだから」「男の子なんだから」などと押し付けられて育った人が、本来の自分らしさを取り戻せるよう促してくれます。

ヴァナディナイトは、アタカマイト、エピドットと同様に、先生が浄化期において、手放せなかった石でもあります。

第二チャクラに関わる課題は、多くの日本人に共通するものだと思います。この二つの石が気になる方、多いのではないでしょうか。数が少なくなっていますので、ピンときた方は、お早目にお問合わせ下さい。

次回は、引き続きヴァナディナイトをご紹介します。
お楽しみに


気になるクリスタルがあった場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。
クリスタルは、個人セッションやイベントでリラにお越しの際に、直接手にとってご覧頂けます。
また、「クリスタルだけを見たい」という方も、大歓迎です。
遠方にお住まいの方、リラにお越しになれない方も、ご購入が可能です。まずは、お電話かメールにてご連絡ください。

◆リラ・アカデミー◆
TEL・FAX:03-5460-8820 
e-mail:info@ly-ra-academy.com
公式サイトはこちら